戸籍謄本の翻訳(対象国:カナダ)

今回は以下のような依頼です。

カナダ人と結婚することになり、戸籍謄本の翻訳が必要になりました。翻訳にかかる日数と費用を教えてください。公的機関に提出するのは普通の翻訳ではいけないのですよね? となると普通の翻訳代+手数料みたいなものも必要なのでしょうか?初めての事なので、いまいちよく理解しておりませんが、教えて頂けますでしょうか?

そこで、例によって当方にて出来ることは、
1) 当社の翻訳証明(署名捺印)付きの翻訳
2) 翻訳、並びに公的翻訳証明(公証人による公証)の取得代行
であることを、そしてさらに次のことをお伝えしました。
「ただ、国、あるいは同じ国でも州によって手続きが異なることがあるので、届け出先の機関に問い合わせて、公的な証明が必要なのか、それとも翻訳会社の翻訳証明のみでよいのかを確認してみるのが一番確実ではないかと思います。」

その後、

問い合わせた結果、今回は翻訳に対する公的証明は不要でした。その代わり、ちゃんとした人が(免許をお持ちの方?)翻訳したというスタンプが押してあればいいそうです。会社でしてもらった等が分かるようなスタンプが押してあればいいとの事なのです。

カナダの場合、”accredited translation company”(「公認翻訳会社」)による翻訳が要求されることが一般的のようです。そこで、上の質問のように「免許のある」とか「公認の」と言ってこられる方がよくあります。日本には国が定めた公的な資格のある翻訳会社というものは存在しないので、ちと困ります。

今回依頼を受けた翻訳は、日本のカナダ領事館に提出したようなのですが、弊社は、弊社のレターヘッドに翻訳+宣誓文+会社名を印刷し、責任者が自署した書類を提出しました。そしてこれは問題なく受理されました。ただ、これまで経験からすると、カナダ本国の公的機関などへの提出時には、ほとんどケースで公的な翻訳証明を付けてきました。

いずれにせよ、公的証明を取得するには翻訳料金と同等かそれ以上の時間と費用が必要になるので、あらかじめ相手先にしっかり確認したほうがよろしいでしょう。 ◆

お問い合わせ、ご依頼は、こちらからお願いいたします >>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です